2009 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バカ男
- 2009/06/13(Sat) -
今日も忙しかった。


なんとなく 仕事で へこんだこともあって ちょっと 暗くなってしまった。

帰りに車で 懐かしき 岡本真夜さんの トゥモローなんか 流れて ちょっと メランコリック。
明日も来るさ、アタシのために。。。うぅ。


夜中にバカ男から (今東京) メールが。








・・・・・・・・( ̄□ ̄;)!!!




Imgp6892.jpg



帰ると ワンズが半狂乱で慰めてくれたよ~~




MOMOLICCA.jpg



明日も早く起きて 元気にお散歩行かなくっちゃね!

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
リーデルワイン会
- 2009/06/01(Mon) -
2009-0424-004.jpg

門司港ホテル レストラン ポルトーネ にて ワイングラスメーカーリーデル社のワイン勉強会がありました。
この日は みな ちょっと おめかし。
私も ワンピ着て ちゃんと おめかし♪しました。

ぼかしなし、Jちゃん Yちゃん、今度キタムラで焼くから ちょっと 待っててねぇ~~
ついでに これからは ちょこっと ポートレート撮るから お願いね♪



少し前のこと、アップするつもりは無かったのですが。。。

その後のワイン会で 「少し勉強するつもりだったのに。。。」

と 思い出し ^_^;
一念発起して、ワイン記事 記して行こうと (今日は。。。^_^; ) 思っとります。


気軽にバッグに小さい コンデジ入れて出かけました。
観光名所(なのよね?)門司港駅の前で パチリ。

ブログ用画像は 顔ぼかしとかするし 今まで 人はほとんど 撮らなかった。

けど つい最近、人間も その時々の思い出として 写真に残っていくって ステキよね、って思って撮ろうと思うようになりました。

あたり前のことなんだけど そんなことを 忘れていたのよ。。。





2009-0424-006.jpg


中々ステキなホテルです。


自動的に パーマがかかる Jちゃん。
ゴージャスロンゲです。

相変わらず 髪がたっぷりあって うらやましいわぁ~・・・


あわただしくて 外観は撮ってませんが、中はこんな感じ、いやもっと ステキなんだけど 一部だから さっぱり分からないよね。



2009-0424-018.jpg



2009-0424-015.jpg



この様に、大きな白い紙の上に それぞれのワイン種に適したグラスが置かれています。

jokerは、ダメグラス代表。

適したグラスで飲むのと、ダメグラスで飲むのと、での 味わい、香りの違いを確認するためです。


それぞれ その joker グラス、もしくは 軽い白ワインをブルゴーニュグラスで飲むとどうか?

ボルドーグラスを使ってみると どうか?

などの 考察と共に 味わいます。

白ワイン 一発目は ソーヴィニヨン ブラン。

sanserre "la croix du Roi "06/Lucien Crochet


Aの ソーヴィニヨンブランの細身グラスで飲むと適しています。
酸味を含んだ さわやかな味わいは、広いグラスを用いて広がってしまうと その酸味のきつさばかりが際立ってしまい あまり美味しくはないのです。

実際に試してみて、とても よく分かりました。


2番目の白。



Chardonnay

"Opis"Chardonnay'08
/Farnese

オピ、シャルドネ ファルネーゼ

モモのワイン。と呼んで 楽しんだ 香り高き 美味しいワインでした。


濃厚で 芳香な白。とあります。
少し前のことでして 記憶があいまいです。
とても 美味しく親しみ易いワインでした。シャルドネ種の華やかさ、楽しい芳香は 価格以上のものを感じてしまいます。

2番の丸みのある モンラッシェやシャルドネ専用のグラスで頂きます。
丸みのあるフォルムで香りが立ち上る感じです。

同じグラスで 最初の サンセールを飲むと いただけないんですよ。
酸味が強調されて ちぃとも美味しくないんです。




3番目。


ブルゴーニュルージュ ”クーヴァン デ ジャコバン
couvent des Jacobins "06/Louis Jadot"

有名なルイジャド社の スタンダードです。

さらっとして、ブルゴーニュなので 香りはまあまああって 楽しいワインでした。

ブルゴーニュとなると それ相応のお品で無いと 「うまっっ」 とならない 悲しさがあると思います・・・
今回は グラスの研究なので ブルゴーニュらしい一本であれば。
っていうところでしょうか?

ここで とても 驚いたのが、ブルゴーニュグラスと言っても、先に頂いた シャルドネ・モンラッシェのグラスと 高さが違うだけなのです!!

それでも 驚くほど 味わいの印象は変わります。


4番ブルゴーニュグラスは 一番深く丸みがあって 大げさ? なのです。

香りがよりよく立ち上り、酸味もまろやかに感じるほどです。

ですが ほんのわずかに 高さが違うだけの その3番グラスでは ブルゴーニュ(あまり高価ではないからもあろうか?)の 酸味、渋みばかりが 強調されて 全くもって 違う品となってしまうのです。

いや~~~ 今まで 家のみは ほんとに適当なセブンイレブングラスとかで ついつい面倒で・・・まかなっていましたが、これじゃだめだ!!
っと気づかせてくれるすばらしいセミナーでしたよ!


おっと そうそう 最後のボルドー。
5番のグラスで頂ます。

少し深めで ブルゴーニュよりほっそりしたグラスです。

こってり 重みのある、フルボディ、重さも十分に感じられるもの。
カベルネなどしっかりしたものは このワインで頂くと 適しています。

5番目のワインは 


カベルネソーヴィニヨン

La Parde de haut Bailly ' 03 ?CH Haut Bailly

ラ・パラ ド・ド・バイィ

03年は記録的な猛暑だったとのことです。

5番のグラスで 適度にその渋み、タンニンを和らげる感じでした。

リーデル社の 白、赤 4種のグラスを用い それぞれのグラスの違いで ワインの味がどのように違って感じられるのか?
を 考察する会でした。

本当に 味わいが変わって 目からうろこなセミナーでした!

もちろん 美味しいお料理ツキです。


2009-0424-007.jpg


ryouri.jpg


CIMG4039-1.jpg


ちょっと まじめに。


2009-0424-031.jpg


お肉メインのうずらの詰め物、で おなかはちきれんばかり。
ボリューム満点でした!!

そして デザートも こってり。


2009-0424-036.jpg


いやはや なんだか アルコールが回る余地もないほどに ボリューム満点でしたぁ~~~(*^^)v

で、最後に この リーデルのヴィノム。
4種のワイングラスをリッパな箱入りで手土産と頂いて 会費は 15000円。


w



グラスだけで 13800円なんですよ~


定員一杯なところを ムリクリ入れてもらった ラッキーな会でした♪
この記事のURL | 美味い物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。